FAMLog


Node.js v12.8.1、Node.js v10.16.3およびNode.js v8.16.1が公開

August 23, 2019

Node.js v12.8.1、Node.js v10.16.3およびNode.js v8.16.1が2019年8月中旬に公開されています。

Node.js v12.8.1、Node.js v10.16.3およびNode.js v8.16.1では、HTTP/2の実装で広範に存在していたDoS脆弱性が修正されており、計8件のセキュリティ脆弱性が修正されています。

なお、FileMaker Server 18とFileMaker Cloud 1.18のFileMaker Data API エンジンではNode.js v8系列が使われていて、FileMaker Server 18.0.2ではNode.js v8.16.0、FileMaker Cloud 1.18.1ではNode.js v8.9.4が使用されています。


Node.js v6のサポート終了予定日

April 24, 2019

Node.js v6は2019年4月30日にサポートが終了する予定となっています。

Node.js v8が2019年12月末にサポートが終了する予定となっていることを考慮すると、これから移行作業を行う場合には長期サポート対象であるNode.js v10へのアップグレードが推奨される状況と言えます。

なお、FileMaker Server 17とFileMaker Cloud 1.17のFileMaker Data API エンジンやAdmin Console用管理サーバーではNode.js v6系列もしくはNode.js v8系列が使われていて、FileMaker Server 17.0.2ではNode.js v6.12.3、FileMaker Cloud 1.17.0ではNode.js v8.9.4が使用されています。


Node.js v11.10.1、Node.js v10.15.2、Node.js v8.15.1およびNode.js v6.17.0が公開

March 04, 2019

Node.js v11.10.1、Node.js v10.15.2、Node.js v8.15.1およびNode.js v6.17.0が2019年2月下旬に公開されています。

Node.js v11.10.1、Node.js v10.15.2、Node.js v8.15.1およびNode.js v6.17.0ではDoS脆弱性が修正されているほか、Node.js v8.15.1とNode.js v6.17.0ではOpenSSLがバージョン1.0.2rに更新されています。

FileMaker Server 17とFileMaker Cloud 1.17のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列もしくはNode.js v8系列が使われていて、FileMaker Server 17.0.2ではNode.js v6.12.3、FileMaker Cloud 1.17.0ではNode.js v8.9.4が使用されています。

[関連]OpenSSL 1.0.2rが公開(FAMLog)


Node.js v11.3.0、Node.js v10.14.0、Node.js v8.14.0およびNode.js v6.15.0が公開

December 03, 2018

Node.js v11.3.0、Node.js v10.14.0、Node.js v8.14.0およびNode.js v6.15.0が2018年11月下旬に公開されています。

Node.js v11.3.0、Node.js v10.14.0、Node.js v8.14.0およびNode.js v6.15.0では、複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。

FileMaker Server 17とFileMaker Cloud 1.17のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列もしくはNode.js v8系列が使われていて、FileMaker Server 17.0.2ではNode.js v6.12.3、FileMaker Cloud 1.17.0ではNode.js v8.9.4が使用されています。

[関連]macOS版FileMaker Server 16に含まれるNode.jsのバージョンを確認する(FAMLog)


Node.js v9.10.0、Node.js v8.11.0、Node.js v6.14.0およびNode.js v4.9.0が公開

March 30, 2018

Node.js v9.10.0、Node.js v8.11.0、Node.js v6.14.0およびNode.js v4.9.0が公開されています。

Node.js v9.10.0、Node.js v8.11.0、Node.js v6.14.0およびNode.js v4.9.0では、OpenSSLがバージョン1.0.2oに更新された他、複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。

なお、FileMaker Server 16とFileMaker Cloud 1.16のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列が使われています。

[関連]OpenSSL 1.0.2oとOpenSSL 1.1.0hが公開(FAMLog)


Node.js v8.9.3、Node.js v6.12.2およびNode.js v4.8.7が公開

December 19, 2017

Node.js v8.9.3、Node.js v6.12.2およびNode.js v4.8.7が2017年12月上旬に公開されています。

Node.js v8.9.3、Node.js v6.12.2およびNode.js v4.8.7では、OpenSSLがバージョン1.0.2nに更新されてCVE-2017-3738に対する修正が行われています。また、Node.js v8系列以降に存在する複数のセキュリティ脆弱性も修正されています。

FileMaker Server 16とFileMaker Cloud 1.16のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列が使われていて、FileMaker Server 16.0.3ではNode.js v6.9.2、FileMaker Cloud 1.16.0ではNode.js v6.9.4が使用されています。

[関連]OpenSSL 1.0.2nが公開(FAMLog)


Node.js v8.9.1、Node.js v6.12.0およびNode.js v4.8.6が公開

November 16, 2017

Node.js v8.9.1、Node.js v6.12.0およびNode.js v4.8.6が2017年11月上旬に公開されています。

Node.js v8.9.1、Node.js v6.12.0およびNode.js v4.8.6ではOpenSSLがバージョン1.0.2mに更新されています。Node.js v8系列はNode.js v8.9で長期サポート版(LTS)となっており、現在長期サポート版と位置付けられているのはNode.js v8系列、Node.js v6系列およびNode.js v4系列となっています。

なお、FileMaker Server 16とFileMaker Cloud 1.16のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列が使われていて、FileMaker Server 16.0.3ではNode.js v6.9.2、FileMaker Cloud 1.16.0ではNode.js v6.9.4が使用されています。

[関連]macOS版FileMaker Server 16に含まれるNode.jsのバージョンを確認する(FAMLog)


Node.js v8.1.4、Node.js v7.10.1、Node.js v6.11.1およびNode.js v4.8.4が公開

July 21, 2017

Node.js v8.1.4、Node.js v7.10.1、Node.js v6.11.1およびNode.js v4.8.4が2017年7月中旬に公開されています。

Node.js v8.1.4、Node.js v7.10.1、Node.js v6.11.1およびNode.js v4.8.4ではセキュリティ脆弱性が修正されています。Node.js v0.10系統およびv0.12系統は現在保守されていないため、それらのバージョンを利用している場合には長期間サポートが行われるNode.js v6系列もしくはNode.js v4系列へのバージョンアップが推奨されています。

なお、FileMaker Server 16のFileMaker Data API エンジンではNode.js v6系列が使用されていて、バージョン16.0.1およびバージョン16.0.2ではNode.js v6.9.2が使用されています。

[関連]macOS版FileMaker Server 16に含まれるNode.jsのバージョンを確認する(FAMLog)


このページの上へ