FAMLog


LibreSSL 3.4.2が公開

December 03, 2021

LibreSSL 3.4.2が2021年11月下旬に公開されています。

LibreSSLは、OpenSSLからフォークされたものであり、OpenBSDの標準TLSライブラリとして採用されています。LibreSSL 3.4.2では1点のセキュリティ脆弱性が修正されています。

なお、LibreSSLは約半年ごとに新しいバージョンの安定版がリリースされ、1年間更新が行われるスケジュールになっています。

Tag: Security

Security Update 2021-007 Catalinaが公開

November 04, 2021

AppleからmacOS Catalina 10.15.7用のSecurity Update 2021-007が2021年10月下旬に公開されています。

macOS Catalina 10.15.7用のSecurity Update 2021-007には多数のセキュリティに関わる修正が含まれて、悪意のあるアプリケーションにカーネル権限を取得されて任意のコードを実行される可能性がある脆弱性や、zshにおいて悪意のあるアプリケーションにファイルシステムの保護された部分を変更される恐れがある脆弱性などが修正されています。

なお、FileMaker Serverはバージョン18.0.3以降でmacOS Catalinaに対応していて、Claris FileMaker Server 19もmacOS Catalinaをサポートしています。

Tag: Security

macOS Big Sur 11.6.1の提供が開始

November 02, 2021

AppleがmacOS Big Sur 11.6.1の提供を2021年10月下旬に開始しています。

macOS Big Sur 11.6.1では複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。修正された脆弱性の中にはすでに悪用されていた可能性があるものも含まれていることから、macOS Big Surを使用している場合にはバージョン11.6.1にアップデートすることが推奨されます。

Claris FileMaker Serverはバージョン19.1.2以降であればmacOS Big Surと互換性があり、バージョン19.3.1以降でユニバーサルバイナリとしてAppleシリコン搭載Macに対応するようになっています。なお、Appleシリコン搭載MacでPHPが動作しない状況が確認されていますが、回避策についてはClaris Knowledge Baseの記事で紹介されています。

Tag: Security

macOS Montereyの提供が開始

November 01, 2021

AppleがmacOS Montereyの提供を2021年10月下旬に開始しています。

macOS Montereyには多数のセキュリティに関わる修正が含まれています。macOS Montereyに対応しているMacは、MacBook(Early 2016以降)、MacBook Air(Early 2015以降)、MacBook Pro(Early 2015以降)、Mac mini(Late 2014以降)、iMac(Late 2015以降)、iMac Pro(2017以降)およびMac Pro(Late 2013以降)です。

なお、Claris Knowledge Baseによると、macOS Monterey上でのClaris FileMaker 19の動作については現在のところ既知の問題点はないとのことです。しかしながら、macOS MontereyではPHPが削除されているので、FileMaker ServerでPHPを使用している場合には要注意です。

[関連]Claris FileMaker 19 compatibility with macOS Monterey(Claris Knowledge Base)

Tag: Security

iOS 14.8.1およびiPadOS 14.8.1の提供が開始

October 29, 2021

iPhoneおよび第7世代iPod touch向けのソフトウェア・アップデートとなるiOS 14.8.1とiPad向けのソフトウェア・アップデートとなるiPadOS 14.8.1の提供が開始されています。

iOS 14.8.1およびiPadOS 14.8.1では複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。修正された脆弱性の中にはすでに悪用されていた可能性があるものも含まれていることから、すべての対象ユーザーにアップデートを適用することが推奨されています。

なお、iOSもしくはiPadOSをバージョン14からバージョン15に今すぐアップデートする必要はなく、バージョン14.8.1はバージョン14を引き続き使う場合のために用意されているソフトウェア・アップデートという位置付けになっています。

Tag: Security

iOS 15.1およびiPadOS 15.1の提供が開始

October 28, 2021

iPhoneおよび第7世代iPod touch向けのソフトウェア・アップデートとなるiOS 15.1とiPad向けのソフトウェア・アップデートとなるiPadOS 15.1の提供が開始されています。iOS 15.1およびiPadOS 15.1では脆弱性の修正も行われています。

iOS 15.1に対応している機種は、第1世代および第2世代のiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxおよび第7世代のiPod touchです。

iPadOS 15.1に対応している機種は、第5世代以降のiPad、iPad Air 2、第3世代以降のiPad Air、9.7インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、iPad mini 4および第5世代以降のiPad miniです。

Tag: Security

OpenSSL 1.1.1系列のサポート終了予定日

October 21, 2021

OpenSSL 1.1.1系列は2023年9月11日にサポートが終了する予定となっています。

現時点でのOpenSSLの最新安定バージョンは、2021年9月に公開されたバージョン3.0.0です。OpenSSLのバージョン1.0.2系統はすでにサポートが終了しているため、今後はバージョン1.1.1系列もしくはバージョン3.0.0系列を通常は利用する必要があります。

なお、OpenSSL 1.1.1系列の最新バージョンはOpenSSL 1.1.1lですが、FileMaker Pro 19.3およびFileMaker Server 19.3にはOpenSSL 1.1.1kが同梱されています。

[関連]OpenSSL 3.0.0が公開(FAMLog)、OpenSSL 1.1.1lが公開(FAMLog)

Tag: Security

LibreSSL 3.4.1が公開

October 18, 2021

LibreSSL 3.4.1が公開されています。

LibreSSLは、OpenSSLからフォークされたものであり、OpenBSDの標準TLSライブラリとして採用されています。LibreSSL 3.4はこれまで開発版として公開されていましたが、今回公開されたバージョン3.4.1で安定版として配布されるようになっています。

LibreSSL 3.4ではOpenSSL 1.1.1 TLSv1.3 APIがサポートされるようになっています。

Tag: Security

iOS 15.0.2およびiPadOS 15.0.2の提供が開始

October 12, 2021

iPhoneおよび第7世代iPod touch向けのソフトウェア・アップデートとなるiOS 15.0.2とiPad向けのソフトウェア・アップデートとなるiPadOS 15.0.2の提供が開始されています。iOS 15.0.2およびiPadOS 15.0.2では脆弱性の修正も行われています。

iOS 15.0.2に対応している機種は、第1世代および第2世代のiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxおよび第7世代のiPod touchです。

iPadOS 15.0.2に対応している機種は、第5世代以降のiPad、iPad Air 2、第3世代以降のiPad Air、9.7インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、iPad mini 4および第5世代以降のiPad miniです。

Tag: Security

Security Update 2021-006 Catalinaが公開

October 04, 2021

AppleからmacOS Catalina 10.15.7用のSecurity Update 2021-006が2021年9月下旬に公開されています。

macOS Catalina 10.15.7用のSecurity Update 2021-006ではXNUのセキュリティ脆弱性が修正されています。当該脆弱性はすでに悪用されている可能性があることから、すべての対象ユーザーにアップデートを適用することが推奨されています。

なお、FileMaker Serverはバージョン18.0.3以降でmacOS Catalinaに対応していて、Claris FileMaker Server 19もmacOS Catalinaをサポートしています。

Tag: Security

このページの上へ