FAMLog


Claris FileMaker Server for LinuxとGet(システムバージョン)関数

December 03, 2020

Claris FileMaker Proの「Get(システムバージョン)関数」は、現在利用しているオペレーティングシステムのバージョン情報を示す文字列を返します。

この関数の戻り値は下記のようになります。

・「6.3」:Windows 8.1の場合
・「10.0」:Windows 10の場合
・「11.0」:macOS Big Sur 11.0.1の場合
・「7.9.2009」:CentOS Linux 7 (2009)の場合

CentOS Linux 7 (2009)上で動作するバージョン19.1.2のClaris FileMaker Server for LinuxにおいてサーバーサイドスクリプトでGet(システムバージョン)関数を実行すると、この関数の戻り値は「7.9.2009」となります。この戻り値はCentOS Linuxのバージョン情報に相当するものです。

[関連]Get(システムバージョン)関数(FAMLog)、FileMaker WebDirectとGet(システムバージョン)関数(FAMLog)

Tag: FileMaker

FileMaker Cloud for AWSのサポート終了予定日

December 02, 2020

FileMaker Cloud 1.xと呼ばれていたFileMaker Cloud for AWSは2022年1月4日にサポートが終了する予定となっています。

FileMaker Cloud for AWSはすべてのバージョンが今後廃止予定となっています。2021年1月4日をもってFileMaker Cloud for AWSはAWS Marketplaceで新規・追加購入および更新ができなくなり、2022年1月4日を過ぎるとFileMaker Cloud for AWSにアクセスできなくなります。

現在FileMaker Cloud for AWSを使用している場合には、Claris純正のクラウドサービスであるClaris FileMaker Cloudへの移行、もしくはオンプレミス向けサーバー製品であるClaris FileMaker Serverへの移行を検討する必要がある状況となっています。

[関連]FileMaker Cloud For AWS のサポート終了について(Claris ナレッジベース)、FileMaker Cloud for AWSの販売終了予定日(FAMLog)、Claris FileMaker 19に対応したホスティングサービス「FMプランネクストシリーズ」(FAMLog)

Tag: FileMaker

INTER-Mediator Ver.6が公開

November 30, 2020

INTER-Mediator Ver.6が公開されています。

INTER-Mediatorは、予算規模の小さな組織でも業務システムの開発を円滑にできることを目指して開発された、MITライセンスで提供されるWebアプリケーションフレームワークです。バージョン番号の付け方や今後の開発計画については、INTER-Mediatorの方向性に関するページを参照してください。

なお、INTER-Mediator Ver.6ではInternet Explorerはサポートされていません。旧バージョンからバージョンアップする際には、必ず事前に「バージョン移行ガイド」を参照するようにしてください。

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Server for LinuxとGet(デバイス)関数

November 27, 2020

Claris FileMaker Proの「Get(デバイス)関数」は、FileMaker製品を実行しているコンピューターまたはモバイルデバイスの種類を表す数値を返します。

この関数が返す値は次の通りです。

・「0」:不明なデバイスの場合
・「1」:Macの場合
・「2」:Windowsコンピューターの場合
・「3」:iPadの場合
・「4」:iPhoneまたはiPod touchの場合
・「5」:Androidの場合
・「6」:Linuxの場合

バージョン19.1.2のClaris FileMaker Server for LinuxにおいてサーバーサイドスクリプトでGet(デバイス)関数を実行すると、この関数の戻り値は「6」となります。

[関連]Get(デバイス)関数(FAMLog)、FileMaker Cloud for AWSとGet(デバイス)関数(FAMLog)

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Pro 19.1.2の新機能:AD FSでの認証

November 20, 2020

Claris FileMaker Pro 19.1.2では、Claris FileMaker Server for Linuxで共有されるカスタム AppでAD FS(Active Directory Federation Services)を用いて認証できるようになっています。

Claris FileMaker Server for Linux以外に、Windows ServerでAD FSサーバーを別途構築する必要がありますが、AD FSによるシングルサインオンで共有データベースにサインインできるように設定することが可能になっています。

なお、[セキュリティの管理]ダイアログボックスでは、AD FSで認証する外部サーバーアカウントアクセスエントリを作成できるようになっています。

[関連]Linux版Claris FileMaker Server 19.1.2の新機能:AD FSを利用した外部認証(FAMLog)、「FileMaker UG 全国合同オンラインミーティング 2020」発表資料(FAMLog)

Tag: FileMaker

「FileMaker UG 全国合同オンラインミーティング 2020」発表資料

November 17, 2020

2020年11月14日に開催された「FileMaker UG 全国合同オンラインミーティング 2020」で発表したライトニングトークの資料を公開しました。

・ダウンロード:FileMaker Server for LinuxでAD FSによる外部認証(PDF形式/ファイルサイズ:約1.3MB)

「FileMaker_Server_19_for_Linux_and_AD_FS.pdf」のSHA-256メッセージダイジェスト:
45a71bae2f16e857cd57d7659951890cd3e7050f452cd2d3a2bc2b631045f5e4

■関連リンク

FileMaker Server for Linuxが正式版として利用できるようになりました (松尾篤のnote)

External Authentication for Linux(Claris Knowledge Base)

FileMaker Cloud 2.1 – Authenticate Users Against Active Directory(Soliant Consulting, Inc.)

The FileMaker 19.1 Platform: What’s new in the OAuth Authentication realm?(Soliant Consulting, Inc.)

Tag: FileMaker

FileMaker 関数・スクリプトガイド(バージョン19対応)

November 13, 2020

Claris FileMaker 19に対応した「FileMaker 関数・スクリプトガイド」のPDF版が無料でダウンロードできるようになっています。

FileMaker 関数・スクリプトガイドは、Claris公式トレーニング教材です。本書は、初級から中級の方を主な対象とし、FileMaker Proのオンラインヘルプをベースに作成されています。関数およびスクリプトのリファレンスに加え、逆引きリファレンスとカスタム関数サンプルを使って実践的な技術を学ぶことができます。

なお、FileMaker 関数・スクリプトガイドのバージョン19対応版書籍は近日発売予定となっています。

Tag: FileMaker

FileMaker Master Book 上級編(バージョン19対応)

November 12, 2020

Claris FileMaker 19に対応したトレーニング教材「FileMaker Master Book 上級編」のPDF版が無料でダウンロードできるようになっています。

FileMaker Master BookはClaris FileMakerの公式トレーニング教材です。バージョン19対応版の上級編は、FileMaker Serverの導入から運用管理、FileMaker Server for Linuxの導入、他システムとの連携、セキュリティ等の管理者向け内容に加え、アドオンやCore MLなどの新機能についても解説した上級開発者向けの内容となっています。

なお、FileMaker Master Book 上級編のバージョン19対応版書籍は近日発売予定となっています。

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Go 19.1.3が公開

November 10, 2020

Claris FileMaker Go 19.1.3の提供が開始されています。

FileMaker Go 19.1.3 アップデータリリースノートによると、[ポータル内の行へ移動]スクリプトステップでアプリケーションが予期せず終了する問題が修正されているとのことです。

なお、Claris FileMaker Go 19でClaris IDでのサインインを無効にするには、[設定]をタップしてから[Claris ID を使用]をタップして当該設定を無効にします。

[関連]Claris FileMaker Go 19.1.2が公開(FAMLog)

Tag: FileMaker

Linux版Claris FileMaker Server 19.1.2の新機能:AD FSを利用した外部認証

November 05, 2020

Claris FileMaker Server for Linuxでは、AD FS(Active Directory Federation Services)とOAuthを利用した外部認証に新たに対応しています。

Windows ServerでAD FSサーバーを別途構築する必要がありますが、AD FSによるシングルサインオンで共有データベースにサインインまたはAdmin Consoleにサインインできるように設定することが可能です。

なお、FileMaker Server 19.1.2では、AD FSとOAuthを利用した外部認証にはFileMaker Server for Linuxのみ対応しています。

[関連]Claris FileMaker Server 19.1.2とFileMaker Server for Linuxがリリース(FAMLog)、External Authentication for Linux(Claris Knowledge Base)

Tag: FileMaker

このページの上へ