FAMLog


Claris FileMaker Go 19.6.1の提供が開始

December 02, 2022

Claris FileMaker Go 19.6.1の提供が開始されています。

OpenSSL 3.0.7に更新されたFileMaker Go 19.6.1では、Claris FileMaker 19.6で使用できるようになったトランザクション用のスクリプトステップがサポートされています。また、ファイルを開く際の認証オプションとしてApple IDでサインインできるようになっています。

FileMaker Go 19.6を使用するにはiOS 15以降またはiPadOS 15以降が必要であり、iOS 14およびiPadOS 14はサポート対象外となっています。

[関連]Claris FileMaker Pro 19.6.1の提供が開始(FAMLog)

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Pro 19.6.1の提供が開始

December 01, 2022

Claris FileMaker Pro 19.6.1の提供が開始されています。

OpenSSL 3.0.7に更新されたバージョン19.6.1では、トランザクション用のスクリプトステップが追加され、ファイルを開く際の認証オプションとしてApple IDでサインインできるようになっています。また、macOS版ではmacOS Ventura 13でのインストールがサポートされるようになっています。

Claris FileMaker 19.6のリリースに伴い、Claris FileMaker Data Migration Tool、Claris FileMaker Custom App Upgrade ToolおよびiOS App SDKも同時に更新されています。なお、Windows版のFileMaker Pro 19.6.1ではバージョン22H2のWindows 11およびWindows 10が要求されるようになっています。

Tag: FileMaker

fmctokenのバージョン確認方法

November 30, 2022

Claris ID 更新トークンおよびClaris ID トークンを取得・表示できるコマンドラインツールであるfmctokenのバージョンを確認するには、fmctokenコマンドで-vオプションもしくは--versionオプションを使用します。

macOSおよびUbuntuではfmctokenのバージョン情報は次のように表示されます。なお、Windowsの場合にはfmctoken.exeを利用します。

[実行例]
% fmctoken -v
fmctoken 1.0.0

現時点におけるfmctokenの最新版はバージョン1.0.0です。エミックラーニングの講座「Claris FileMaker Cloudと連動したWebフォームの作成」にご登録いただくと無料でfmctokenをダウンロードできます。

[関連]fmctokenの提供を開始(FAMLog)、fmctoken 1.0.0の動作環境(FAMLog)

Tag: FileMaker

PHP 8.0系列の公式セキュリティサポート終了予定日

November 29, 2022

PHP 8.0系列は2023年11月に公式のセキュリティサポートが終了する予定となっています。

PHP 8.0系列のアクティブサポートは2022年11月26日に終了しており、重大なセキュリティに関わる修正が行われるセキュリティサポートは2023年11月26日までの予定となっています。PHPはバージョン8.2系統の開発も進められており、現在バージョン8.2.0 RC7が公開されている状況です。

PHP 7.4系統の保守は2022年11月28日に終了しており、現時点でのPHPの最新安定バージョンはバージョン8.1.13です。なお、下位互換性のない変更点や推奨されなくなる機能もあるため、PHP 8.1に移行する場合にはあらかじめ移行ガイドで各種変更点を確認してから移行作業を行う必要があります。

[関連]PHP 7.4系列の公式セキュリティサポート終了予定日(FAMLog)

Tag: Apache

PHP 8.0.26とPHP 8.1.13が公開

November 28, 2022

PHP 8.0.26PHP 8.1.13が公開されています。

PHP 8.0.26とPHP 8.1.13では不具合の修正が行われています。PHPはバージョン8.2系統の開発も進められており、現在バージョン8.2.0 RC7が公開されている状況です。

なお、PHP 7.4系統の公式セキュリティサポートは2022年11月28日に終了する予定となっており、PHP 8.0は2023年11月26日まで、PHP 8.1は2024年11月25日までセキュリティ修正が継続される予定となっています。

Tag: Apache

Ruby 3.1.3、Ruby 3.0.5およびRuby 2.7.7が公開

November 25, 2022

Ruby 3.1.3Ruby 3.0.5およびRuby 2.7.7が公開されています。

Ruby 3.1.3、Ruby 3.0.5およびRuby 2.7.7ではcgi gemのセキュリティ脆弱性(CVE-2021-33621)が修正されています。

なお、Ruby 2.7系列は、現在セキュリティメンテナンスフェーズにあり、原則として重大なセキュリティ上の問題が発見された場合のみリリースが行われる状態であり、より新しいバージョンへ移行することが推奨されている状況です。

Tag: Ruby

Claris FileMaker Pro 19.5.1の改善点:アルゴリズムオプションでMDC2の廃止

November 24, 2022

Claris FileMaker Pro 19.5.1では、MDC2(Modification Detection Code 2)ハッシュアルゴリズムがサポートされなくなっています。

MDC2がサポートされなくなったことにより、CryptAuthCode、CryptDigest、CryptGenerateSignatureおよびCryptVerifySignature関数のアルゴリズム引数にMDC2を設定すると、返り値として「?」が返されるようになっています。

なお、FileMaker Pro 19.5.1では、OpenSSLのバージョンはバージョン1.1.1nに更新されています。

[関連]Claris FileMaker Server 19.5.1 リリースノート(Claris ナレッジベース)、FileMaker Pro 18.0.2 Advanced アップデータが公開(FAMLog)

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Server 19.5.1の改善点:Admin Console ログビューア

November 22, 2022

Claris FileMaker Server 19.5.1では、FileMaker Server Admin Consoleのログビューア機能が更新されています。

Admin Consoleの[ログ]>[ログビューア]タブにあるインタラクティブ表示ではログを表示する際に列ごとにソート順の変更やフィルタ条件の適用も可能でしたが、バージョン19.5.1ではログビューアのインタラクティブ表示で[レベル]、[エラー]および[メッセージ]の列が分けて表示されるようになっています。

なお、従来のバージョンでは、[レベル]および[エラー]の列に表示されていた情報は[メッセージ]の列に表示されていました。

[関連]Claris FileMaker Server 19.5.1の提供が開始(FAMLog)、Claris FileMaker Server 19.3.1の新機能:Admin Console ログビューア(FAMLog)

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Server 19.5.1の新機能:Ubuntu 20.04のサポート

November 21, 2022

Linux版のClaris FileMaker Server 19.5.1ではUbuntu 20.04がサポートされるようになっており、Ubuntu 20.04ではWebサーバーとしてApache HTTP Serverの代わりにNginxが使用されるようになっています。

現時点ではUbuntu 22.04 LTSはサポートされておらず、バージョン19.5ではUbuntu 18.04 LTSとUbuntu 20.04 LTSがサポートされています。Ubuntu Desktopは、FileMaker Server 19.5と互換性がありますが、完全には検証されていないとのことです。実際に運用する場合にはUbuntu Server 18.04 LTSもしくはUbuntu Server 20.04 LTSの利用が推奨されます。

なお、Ubuntu 18.04 LTSはFileMaker Server 19.5において廃止予定となっており、将来リリースされるFileMaker ServerではUbuntu 18.04 LTSがサポートされない予定であることが案内されています。

[関連]Claris FileMaker Server 19.3.1の新機能:Ubuntuのサポート(FAMLog)、Claris FileMaker Server 19.5.1の提供が開始(FAMLog)

Tag: FileMaker

Claris FileMaker Server 19.5でODataを停止する方法

November 18, 2022

Claris FileMaker Server 19.5ではmacOSおよびWindows ServerにおいてもODataを利用できるようになりましたが、Admin Consoleを用いる方法以外に、fmsadminコマンドを使用してODataのプロセスを停止できます。

fmsadminコマンドを用いてODataのプロセスを停止するには、ターミナルで次のように入力します。

[実行例]
$ fmsadmin stop odata -y

なお、ODataのプロセスを起動するにはfmsadminコマンドのstartコマンドを使用します。

[実行例]
$ fmsadmin start odata

[関連]FileMaker Server 16でFileMaker Data API エンジンを停止する方法(FAMLog)、Claris FileMaker Server 19.5.1の新機能:WindowsおよびmacOSにおけるODataのサポート(FAMLog)、

Tag: FileMaker

このページの上へ