FAMLog


FileMaker Server 18の新機能:スペイン語をサポート

July 22, 2019

FileMaker Server 18では、スペイン語が新たにサポートされています。

FileMaker Server 17でサポートされる言語は、日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語およびスウェーデン語でしたが、FileMaker 18 プラットフォームではスウェーデン語版のFileMaker Serverは提供されなくなっています。

結果として、FileMaker Server 18でサポートされる言語は、日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語およびスペイン語の6言語となっています。

[関連]FileMaker Server 18 技術仕様(FileMaker)、FileMaker 18 - 廃止予定の機能およびオペレーティングシステム(FileMaker ナレッジベース)

Tag: FileMaker

FileMaker Pro 18 Advancedの新機能:バージョン18で追加された関数一覧

July 19, 2019

FileMaker Pro 18 Advancedでは新しい関数が追加され、デジタル署名の生成・検証を行う関数や、オープンデータファイルのファイルIDとパスを返す関数、繰り返しや再帰処理のための関数等が新設されています。

バージョン18で追加された関数一覧は次の通りです。

・CryptGenerateSignature
・CryptVerifySignature
・Get(アカウントタイプ)
・Get(オープンデータファイル情報)
・SetRecursion
・While

SetRecursion関数は、式内部の再帰とループの最大繰り返し数を設定する関数です。While関数と再帰カスタム関数の繰り返しは、デフォルトでそれぞれ50,000回にまで制限されます。SetRecursion関数を使用すれば、その上限回数を変更し、無限に実行される再帰やループを簡単に停止できるようになっています。一方、While関数は条件が真の間にロジックを繰り返してから結果を返す関数であり、これにより一部の再帰カスタム関数が不要になります。

[関連]FileMaker Pro 17 Advancedの新機能:バージョン17で追加された関数一覧(FAMLog)

Tag: FileMaker

AdoptOpenJDK 8 update 222が公開

July 18, 2019

AdoptOpenJDK 8 update 222(jdk8u222-b10)が公開されています。

AdoptOpenJDK 8 update 222では複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。2019年2月にOracle社によるJava 8の商用向け公式サポートが終了したことに伴い、Javaのセキュリティアップデートを行う際には、Oracle Java SE SubscriptionをOracle社から購入する、もしくはオープンソースの実装であるOpenJDK 8に移行する必要が出てきます。

FileMaker ナレッジベースの記事では、Oracle JREをアンインストールしてAdoptOpenJDK 8に移行する手順が記載されていますが、手動で行う手順が含まれているだけでなく、FileMaker Serverを再起動する必要があります。そのため、AdoptOpenJDKに移行する場合にはテストを十分に行った上で作業することが推奨されます。

[関連]FileMaker Server 18でOracle Java SE 8からOpenJDK 8に移行する


FileMaker Pro 18 Advancedのピアツーピア共有は廃止予定の機能に

July 17, 2019

FileMaker Pro 18 AdvancedではFileMaker Pro Advancedによるピアツーピア共有は廃止予定の機能になっています。

さらに、バージョン18では、ピアツーピアでの共有(FileMaker Pro Advancedによるクライアント共有機能)はテスト目的でのみ利用できるライセンスに変更されています。

本番環境では利用できないようになったため、テスト目的ではなく実運用でFileMakerネットワーク共有を利用するには、FileMaker ServerもしくはFileMaker Cloud for AWSを使用する必要があります。

[関連]FileMaker 18 プラットフォームで削除される機能(FAMLog)

Tag: FileMaker

「INTER-Mediator《大》勉強会 2019」開催のお知らせ

July 16, 2019

2019年8月24日(土)に国立情報学研究所の20階ミーティングルームで「INTER-Mediator《大》勉強会 2019」を開催します。

INTER-Mediator《大》勉強会 2019のテーマはWebセキュリティです。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のセキュリティ専門家による、Webの一般的なセキュリティに関する講演があります。また、INTER-Mediatorの基本から認証などのセキュリティ関連機能をハンズオンで体験していただけるセッションも用意しています。イベント後には懇親会(有料:1,500円)も予定しています。

詳細および参加申込については下記URLのページをご覧ください。

https://peatix.com/event/904057

Tag: FileMaker

FileMaker カンファレンス 2019の事前登録受付が開始

July 12, 2019

2019年11月6日(水)から11月8日(金)までの3日間、虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区)で開催される「FileMaker カンファレンス 2019」の詳細プログラムが公開され、同時に事前登録の受付が開始されています。

「イノベーションを思いのままに」をメインテーマに掲げたFileMaker カンファレンス 2019では、米国本社FileMaker, Inc.による将来へ向けた製品ロードマップやユーザー企業による事例セッション、プロフェッショナルのFileMakerエキスパートによるテクニカルセッションなどでFileMakerプラットフォームに関する情報を入手できます。

入場料は無料です。事前登録制で、事前登録の申し込み受付はファイルメーカー社公式サイト内のカンファレンス特設ページから行うことができます。

Tag: FileMaker

FileMaker Server 18の改善点:FileMaker Server Admin Console

July 11, 2019

FileMaker Server 17ではFileMaker Server Admin Consoleが刷新されて簡略化されましたが、FileMaker Server 18ではAdmin Consoleにおける一部のアイコンや情報の表示方法が改善されています。

バージョン18のAdmin Consoleでは、[データベース]ページにおいて共有データベースの状態アイコンが更新されて、より明確にデータベースの状態が表示されるようになっています。[バックアップ]>[バックアップスケジュール]タブおよび[構成]>[スクリプトスケジュール]タブにおいてスケジュールの実行後に成功または失敗の状態が表示されるようになっており、さらに[構成]>[一般設定]タブでAdmin Consoleが最後に起動した時刻が表示されるようになっています。

[コネクタ]>[FileMaker Data API]タブでは、FileMaker Data API有効時に、購入契約書を共有しているすべてのホストで転送されたデータの合計値を示すようになっています。

[関連]FileMaker Server 18の改善点:fmsadmin SETコマンド(FAMLog)、FileMaker Server 17の新機能:刷新されたAdmin Console(FAMLog)

Tag: FileMaker

FileMaker Server 15のテクニカルサポート終了予定日

July 10, 2019

FileMaker 15 プラットフォームは2019年9月20日にサポートが終了する予定となっています。

2019年9月にテクニカルサポートサービスが終了する予定のFileMaker製品は下記の通りです。

・FileMaker Pro 15
・FileMaker Pro 15 Advanced
・FileMaker Server 15
・FileMaker Cloud 1.15
・FileMaker Go 15

FileMaker ナレッジベースやFileMaker Communityは引き続き利用できますが、FileMaker 15 プラットフォームのテクニカルサポート、紛失時のメディアやダウングレード用ライセンスキーの販売等は2019年9月に終了する予定となっています。

[関連]提供中の製品と互換性(FileMaker)、FileMaker Go 16の提供終了予定日(FAMLog)

Tag: FileMaker

FileMaker Pro 17 AdvancedとFileMaker Go 17はFileMaker Cloud for AWS 1.18に接続不可

July 09, 2019

FileMaker Pro 17 AdvancedおよびFileMaker Go 17は、FileMaker Cloud for AWSでホストされているFileMakerデータベースに接続する際、バージョン1.18のFileMaker Cloud for AWSには接続できません。

FileMaker Cloud for AWS 1.18に接続するクライアントアプリケーションとしてサポートされているFileMaker Pro AdvancedおよびFileMaker Goのバージョンはバージョン18のみとなっています。FileMaker Pro 18 Advancedのデータファイル形式はバージョン12のファイル形式を踏襲していますが、バージョン17以前のFileMakerソフトウェアからFileMaker Cloud for AWS 1.18に接続することはできないので要注意です。

なお、FileMaker Cloud for AWS 1.x シリーズは廃止予定であり、FileMaker Cloud for AWS 1.19がこのシリーズの最終バージョンになるとのことです。将来登場する新しいFileMaker Cloud製品がFileMaker Cloud for AWSを置き換える予定となっていますが、現時点では詳細は不明です。

[関連]FileMaker Cloud for AWS 1.18 技術仕様(FileMaker)、FileMaker 18 - 廃止予定の機能およびオペレーティングシステム(FileMaker ナレッジベース)、FileMaker Pro 15とFileMaker Go 15はFileMaker Server 18に接続不可(FAMLog)

Tag: FileMaker

FileMaker Pro 15とFileMaker Go 15はFileMaker Server 18に接続不可

July 08, 2019

FileMaker Pro 15、FileMaker Pro 15 AdvancedおよびFileMaker Go 15は、FileMaker ServerでホストされているFileMakerデータベースに接続する際、バージョン18のFileMaker Serverには接続できません。

FileMaker Server 18に接続するクライアントアプリケーションとしてサポートされているFileMaker Pro、FileMaker Pro AdvancedおよびFileMaker Goのバージョンはバージョン16以降となっています。FileMaker Pro 18 Advancedのデータファイル形式は、バージョン12のファイル形式を踏襲していますが、バージョン15のFileMakerソフトウェアからFileMaker Server 18に接続することはできないので要注意です。

なお、FileMaker 15 製品ラインのテクニカルサポートは2019年9月20日をもって終了する予定となっています。

[関連]FileMaker Server 18でサポートされるクライアントアプリケーション(FAMLog)、提供中の製品と互換性(FileMaker)

Tag: FileMaker

このページの上へ