FAMLog


FileMaker Go 17の新機能:ドラッグアンドドロップ

November 30, 2018

FileMaker Go 17では、iPadを使用している際にアプリケーション間でテキストや写真、ファイルをドラッグアンドドロップできるようになっています。

ドラッグアンドドロップを行うには、iPadで2つのAppをSplit ViewまたはSlide Overで開き、アイテムが浮き上がるまで長押しした後、アイテムを別のAppまでドラッグしてドロップする手順をとる必要があります。

なお、iPadおよびiPhone向けに設計された単一のユニバーサルなアプリケーションであるFileMaker Go 17は、iOS 11.2またはそれ以降のバージョンが実行されているiOSデバイスと互換性があります。

[関連]iPad でマルチタスク機能を使う(Apple サポート)

Tag: FileMaker

Ruby on Rails 4.2.11、5.0.7.1、5.1.6.1および5.2.1.1が公開

November 29, 2018

Ruby on Rails 4.2.11、Ruby on Rails 5.0.7.1、Ruby on Rails 5.1.6.1およびRuby on Rails 5.2.1.1が公開されています。

Ruby on RailsはRubyで記述されたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。Rails 4.2.11、Rails 5.0.7.1、Rails 5.1.6.1およびRails 5.2.1.1ではActive Jobにおけるセキュリティ脆弱性(CVE-2018-16476 )が修正されています。さらに、Rails 5.2.11ではActive Storageにおけるセキュリティ脆弱性(CVE-2018-16477)も修正されています。

Ruby on Railsは今年の4月にバージョン5.2が公開されており、バージョン5.2では、Redisキャッシュストアが組み込まれ、HTTP/2 Early Hintsをサポートするようになっています。その他、config/credentials.yml.encファイルが追加されて、productionアプリの秘密情報(secret)をここに保存できるようになるなど、数多くの新機能が追加されています。

Tag: Ruby

FileMaker Go 16の提供終了予定日

November 28, 2018

FileMaker Go 16は2019年9月24日にApp Storeから削除される予定となっています。

FileMaker Go 16はFileMaker Server 14に接続できますが、FileMaker Go 17はFileMaker Server 14に接続できません。FileMaker Server 14を利用している場合には、削除されるまでにApp StoreからFileMaker Go 16をダウンロードしておく必要がありますが、FileMaker 14 プラットフォームは2018年9月にメーカーサポートが終了しています。

なお、セキュリティやiOSの互換性に関する問題により、FileMaker Go 16が予定よりも早くApp Storeから削除される可能性もあるとのことです。

[関連]サポート対象製品(FileMaker ナレッジベース)、FileMaker Go 16 のシステム条件(FileMaker ナレッジベース)

Tag: FileMaker

FMDataAPI Ver.14が公開

November 27, 2018

新居雅行氏がFileMaker Data APIをPHPで利用するためのクラスであるFMDataAPIのバージョン14を2018年11月中旬に公開しています。

FMDataAPIの利用にはFileMaker Server 17もしくはFileMaker Cloud 1.17が必要です。FMDataAPI Ver.14では、Jupyter Notebookベースのサンプルが追加されています。

FileMaker Data APIは、FileMaker Server 16では試用版として利用できる機能でしたが、バージョン17では正式版として利用できるようになっています。なお、FileMaker Server 16のFileMaker Data API (Trial)は、2018年9月27日が試用期限であり現在は使用できません。

[関連]FileMaker Server 17の新機能:FileMaker Data API(FAMLog)、Jupyter notebookでPHPを動かす(Blog by msyk)

Tag: FileMaker

第44回カスタムWeb勉強会開催のお知らせ

November 26, 2018

2018年12月24日(月・祝)午前10時より「第44回カスタムWeb勉強会」を開催します。

FileMaker ServerのカスタムWeb公開やFileMaker Data APIに関する、出席者全員参加型の勉強会として進めてきましたが、2018年8月から読書会形式として開催しています。

「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版」を読んで、参加者の間で知識を共有したり議論をしていきます。時間を決めて黙読した後、内容について議論していく予定です。詳細および参加申込については下記URLのページをご覧ください。

https://www.famlog.jp/cwpstudy/44

Tag: FileMaker

FileMaker Cloud 1のサポート終了予定日

November 22, 2018

FileMaker Cloud 1.xは2022年1月1日にサポートが終了する予定となっています。

これに伴い、FileMaker CloudのBYOL用ライセンス契約更新は2019年1月1日よりすべて1年更新となり、FileMaker CloudのComodo SSL 証明書も2019年1月1日より1年更新のもののみ購入となるのことです。

FileMaker Cloud 1.x 製品の最終バージョンはFileMaker Cloud 1.19であり、将来的にはFileMaker Cloud 1.xを置き換えるFileMaker Cloud 2への移行を検討する必要がある模様です。詳細についてはFileMaker Product Roadmap(英語)を確認するようにしてください。

[関連]FileMaker 17 プラットフォームの次バージョンで廃止される予定の機能(FAMLog)、FileMaker Product Roadmap 2019 Webセミナーで共有された情報が掲載(FAMLog)

Tag: FileMaker

OpenSSL 1.1.1a、OpenSSL 1.1.0jおよびOpenSSL 1.0.2qが公開

November 21, 2018

通信暗号化ライブラリとして広く利用されているOpenSSLの新バージョン「OpenSSL 1.1.1a」、「OpenSSL 1.1.0j」および「OpenSSL 1.0.2q」が公開されています。

OpenSSL 1.1.1a、OpenSSL 1.1.0jおよびOpenSSL 1.0.2qでは複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。

OpenSSLのバージョン1.0.1系統以前はセキュリティ修正を含むサポートがすでに終了しているため、今後はバージョン1.0.2系統以降に移行する必要があります。バージョン1.0.2系列のサポートは2019年12月31日に終了する予定、バージョン1.1.0系列のサポートは2019年9月頃に終了する予定となっているので、来年までに計画的にバージョン1.1.1系列にアップグレードする必要があります。

[関連]OpenSSL 1.1.1が公開(FAMLog)

Tag: Security

Apache Tomcat 7.0.92が公開

November 20, 2018

Apache Tomcat 7.0.92が公開されています。

Apache Tomcat 7.0.92では、TLS 1.3に対応しているJRE(Java Runtime Environment)およびOpenSSLを使用している際にTLS 1.3をサポートするようになっています。

現時点でのApache Tomcatの最新安定バージョンはバージョン9.0.13です。なお、FileMaker Server 17では、Java Web公開エンジンにApache Tomcat 7.0.82が使用されていますが、Admin Console用管理サーバーではApache Tomcatの代わりにNode.jsが使用されるようになっています。

[関連]Apache Tomcat 8.5.35とApache Tomcat 9.0.13が公開(FAMLog)

Tag: Apache

FileMaker Product Roadmap 2019 Webセミナーで共有された情報が掲載

November 19, 2018

FileMaker Community内にあるFileMaker製品のロードマップに関するページの内容が更新されています。

該当ページ内にはFileMaker Product Roadmap 2019 Webセミナー(英語) で共有された情報が掲載されており、次のメジャーバージョンで実装が計画されている機能や、将来のバージョンに向けて開発されている機能、および検討中の機能などについての情報がまとめられています。

ロードマップでは、FileMaker Cloud 1.xを置き換えるFileMaker Cloud 2が将来登場する予定であることが示唆されています。詳細についてはFileMaker Product Roadmap(英語)を確認するようにしてください。

[関連]FileMaker 17 プラットフォームの次バージョンで廃止される予定の機能(FAMLog)

Tag: FileMaker

FileMaker 17 プラットフォームの次バージョンで廃止される予定の機能

November 16, 2018

ファイルメーカー社が、FileMaker 17 プラットフォームの次バージョンで廃止される予定の機能をFileMaker ナレッジベースで案内しています。

FileMaker 17 プラットフォームの次バージョンで廃止予定または削除される予定の製品/機能は下記の通りであるとのことです(FileMaker ナレッジベースより引用)。

・FileMaker Pro Advanced のピアツーピア共有はFileMaker プラットフォームの次期フルバージョンにおいて「廃止予定」となります。
・FileMaker プラットフォームの次期フルバージョンにおいて、スウェーデン語版 FileMaker Server は提供されません。
・macOS Sierra 10.12 のサポート
・FileMaker Cloud 1.19 は、FileMaker Cloud 1.x 製品の最終バージョンとなります。
・FileMaker Cloud の Comodo SSL 証明書は、2019年1月1日より、1年更新のもののみの購入となります。
・FileMaker Cloud の BYOL にお使いの契約更新は、2019年1月1日より、全て 1 年更新となります。

詳細についてはFileMaker Product Roadmap(英語)で案内されています。

Tag: FileMaker

このページの上へ