FAMLog


Claris Engage Japan 2021ではQ&Aブースにてスピーカーに直接質問可能

October 20, 2021

2021年11月10日から11月12日までオンラインで開催される「Claris Engage Japan 2021」では視聴したセッションについて質疑応答が可能となる時間と場所が用意されています。

セッション配信直後、Claris パートナーの有志が企画・運営するバーチャルイベントスペースである「Claris Engage Japan - Annex」に移動することにより、セッション Q&A ラウンジにてスピーカーに直接質問することができます。

なお、一部のセッションではスピーカーの都合によりQ&Aセッションがない場合もあるとのことです。

[関連]「Claris Engage Japan 2021」のご案内(FAMLog)

Tag: FileMaker

FMウェブもくもく会 vol.9開催のお知らせ

October 19, 2021

2021年10月24日(日)午前10時より「FMウェブもくもく会 vol.9」を開催します。

カスタムWeb勉強会は2020年6月からFMウェブもくもく会としてリニューアルしました。FMウェブもくもく会は、Claris FileMakerとWebに関してもくもくがやがや一緒に勉強していく会です。隔月でFileMakerもくもく会が開催される日の午前中に開催し、当面はオンラインで開催します。

詳細および参加申込については下記URLのページをご覧ください。

https://fmweb-mokumokukai.connpass.com/event/228453/

Tag: FileMaker

LibreSSL 3.4.1が公開

October 18, 2021

LibreSSL 3.4.1が公開されています。

LibreSSLは、OpenSSLからフォークされたものであり、OpenBSDの標準TLSライブラリとして採用されています。LibreSSL 3.4はこれまで開発版として公開されていましたが、今回公開されたバージョン3.4.1で安定版として配布されるようになっています。

LibreSSL 3.4ではOpenSSL 1.1.1 TLSv1.3 APIがサポートされるようになっています。

Tag: Security

Apache Tomcat 8.5.72、9.0.54および10.0.12ではセキュリティ脆弱性が修正済み

October 15, 2021

Apache Tomcat 8.5.72Apache Tomcat 9.0.54およびApache Tomcat 10.0.12ではセキュリティ脆弱性が修正されています。

Apache Tomcat 8.5.72、Apache Tomcat 9.0.54およびApache Tomcat 10.0.12が公開されたのは今月上旬ですが、上述の修正に関する情報は本日公開された次第です。Apache Tomcat 7.0系列についてはすでにサポートが終了しており、ダウンロードページからApache Tomcat 7.0が削除された状態になっています。

なお、現時点でのApache Tomcatの最新安定バージョンはバージョン10.0.8ですが、Claris FileMaker Server 19.3.2ではJava Web公開エンジンにApache Tomcat 9.0.45が使用されています。

Tag: Apache

エミックオンラインセミナーを2021年10月26日に開催

October 14, 2021

2021年10月26日(火)正午から、Claris FileMakerユーザー向けにWordPressの基礎について紹介するオンラインセミナーを開催します。

WordPressとClaris FileMaker Serverを連携させる際に必要となる基礎知識と、一般公開用の検索サイトやWebフォームを作成するにあたって必要となる周辺知識を解説する予定です。

エミックオンラインセミナー
「Claris FileMaker ユーザー向け WordPress 入門」
開催日時:2021年10月26日(火)12:00〜12:45
参加費:無料
主催:株式会社エミック

本セミナーはZoomのウェビナー機能を用いて実施します。視聴は無料ですが事前のお申し込みが必要です。

詳細については次のページをご覧ください。
https://emiconlineseminar202110.peatix.com/

Tag: Ad

Node.js v16.11.1、Node.js v14.18.1およびNode.js v12.22.7が公開

October 13, 2021

Node.js v16.11.1 (Current)Node.js v14.18.1 (LTS)およびNode.js v12.22.7 (LTS)が公開されています。

Node.js v16.11.1、Node.js v14.18.1およびNode.js v12.22.7では、それぞれ複数のセキュリティ脆弱性が修正されています。

なお、Claris FileMaker ServerやClaris FileMaker CloudのClaris FileMaker Data API エンジンではNode.jsが使われていて、FileMaker Server 19.3.2ではNode.js v14.16.1が使用されています。


iOS 15.0.2およびiPadOS 15.0.2の提供が開始

October 12, 2021

iPhoneおよび第7世代iPod touch向けのソフトウェア・アップデートとなるiOS 15.0.2とiPad向けのソフトウェア・アップデートとなるiPadOS 15.0.2の提供が開始されています。iOS 15.0.2およびiPadOS 15.0.2では脆弱性の修正も行われています。

iOS 15.0.2に対応している機種は、第1世代および第2世代のiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxおよび第7世代のiPod touchです。

iPadOS 15.0.2に対応している機種は、第5世代以降のiPad、iPad Air 2、第3世代以降のiPad Air、9.7インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、iPad mini 4および第5世代以降のiPad miniです。

Tag: Security

Linux版Claris FileMaker Server 19の動作環境

October 11, 2021

Linux版のClaris FileMaker Server 19は、バージョン19.1.2および19.2.1ではCentOS Linux 7を、バージョン19.3.1以降ではUbuntu Server 18.04 LTSもしくはUbuntu 18.04 LTS Desktopをサポートしています。

2021年10月11日現在、FileMaker Server 19の最新バージョンはバージョン19.3.2ですが、当該バージョンではUbuntu 20.04 LTSをサポートしていません。なお、Ubuntu 18.04 LTS DesktopはFileMaker Server 19.3と互換性がありますが、完全には検証はされていないとのことです。

RAMの最低要件はmacOS版やWindows版と同様に8GBです。ストレージについては、ソリッドステートドライブ(SSD)の使用が推奨されており、ファイルサイズに依存しますが500GB以上必要、そしてストレージの空き容量は20%以上必要という条件となっています。

[関連]macOS版Claris FileMaker Server 19の動作環境(FAMLog)、Windows版Claris FileMaker Server 19の動作環境(FAMLog)

Tag: FileMaker

Apache HTTP Server 2.4.51が公開

October 08, 2021

Apache HTTP Server 2.4.51が公開されています。

Apache HTTP Server 2.4.51では、Apache HTTP Server 2.4.49および2.4.50に存在していた脆弱性が修正されています。当該脆弱性はCVE-2021-41773の修正が不十分であったため発生した問題であるとのことです。

なお、Apache HTTP ServerはオープンソースのWebサーバーソフトウェアであり、macOS版およびLinux版のClaris FileMaker ServerではWebサーバーにApache HTTP Serverが内部的に使用されています。

[関連]JVN#51106450:  Apache HTTP Server におけるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Japan Vulnerability Notes)、Apache HTTP Server 2.4.50が公開(FAMLog)

Tag: Apache

Claris FileMaker Cloud 2.19.3とGet(システムプラットフォーム)関数

October 07, 2021

Claris FileMaker Proの「Get(システムプラットフォーム)関数」は、現在のプラットフォームを示す数値を返します。

Claris FileMaker 19.3では、Get(システムプラットフォーム)関数の戻り値は下記のようになります。

・「1」:プラットフォームがmacOSである場合
・「-2」:プラットフォームがWindowsの場合
・「3」:プラットフォームがiOSまたはiPadOSの場合
・「4」:プラットフォームがClaris FileMaker WebDirectの場合
・「5」:プラットフォームがCentOS Linuxの場合
・「8」:プラットフォームがUbuntuの場合

2021年10月7日現在、バージョン2.19.3.201のClaris FileMaker CloudにおいてサーバーサイドスクリプトでGet(システムプラットフォーム)関数を実行すると、この関数の戻り値は「8」となります。この戻り値は、CentOS Linuxの代わりにUbuntuに対応するようになった、バージョン19.3のClaris FileMaker Server for Linuxの場合と同様です。

[関連]Claris FileMaker 19.3とGet(システムプラットフォーム)関数(FAMLog)、Claris FileMaker Cloud 2.19.3のオペレーティングシステムはUbuntu(FAMLog)

Tag: FileMaker

このページの上へ